仕事・育児を両立し
第一線で活躍し続ける

池田 由美子

Yumiko Ikeda

資産運用

沓谷支店
文学部卒 / 2003年 入行

挑戦する行員

資産運用のパートナーのやりがいは
共感できる喜び

個人のお客さまに資産運用や相続対策等の提案として、投資信託や保険商品、公共債、外貨預金等の金融商品を販売するのがFP(ファイナンシャルプランナー)担当の業務です。現在の銀行では、元本保証型の定期預金からハイリスクハイリターン型の商品まで運用ニーズごとに多くの商品が用意されています。その中から、それぞれのお客さまに最適なプランを提案するのがFP担当の仕事であり、資産運用パートナーとしての役割だといえます。商品をご提案する上で欠かせないのは、お客さまとの信頼関係の構築です。お客さまの話によく耳を傾けてライフプランを一緒に考え、満足いただけた時には、大きなやりがいを感じます。
静岡銀行の良い点には、あえて「堅い行風」を挙げたいと思います。ルールの徹底や法令遵守といった金融機関として本来あるべき堅実さ・厳しさが、結果として当行を利用いただいているお客さま、ひいては株主や私たち従業員の信頼獲得につながっているからです。従業員同士はアットホームな雰囲気ですが、それぞれが銀行業務に携わる厳しさを共有しているからこそ、私自身も責任や目的意識を持てる銀行員に成長できたのではないかと思います。

結婚・出産後もキャリアを活かし
活躍できる支援制度

私は、周囲の方の協力を得て、育児をしながら仕事を続けています。当初から、出産しても仕事は続けるつもりでしたし、実際に周りの先輩や後輩行員も私と同様に結婚・出産後もさまざまなフィールドで活躍しています。静岡銀行には、結婚・出産後も仕事を続けられる支援制度が整っており大変心強いです。
私の夫も当行で働いており、結婚当初は夫婦いずれかが異動になった際に、同じ地域に転勤できる「With F」制度を利用していました。今般、第2子誕生を機に育児を地元でしたいと考え、転居を伴う転勤がない「Areaコース」に変更申請し、両親のサポートを受けながら仕事を継続しています。ライフスタイルに合わせた働き方ができるのも当行の魅力の一つです。また、育児短時間勤務制度や、事業所内保育施設「森のほいくえん」など、育児サポートが充実しています。もちろん仕事に関して男女の差はありませんし、勤務時間が短いことを仕事の言い訳にはできないので、業務の効率を高めるよう努めています。今後は、更に高いレベルでお客さまに提案ができるようになるため、難易度の高い資格取得を目指すなど、資産運用のプロとしてのスキル向上に取り組むとともに、恵まれた環境を活用し、仕事と育児を楽しみながら両立していきたいと思います。

ONEDAY SCHEDULE

8:45 全体朝礼
9:00 係ごとのミーティング
9:15 お客さまへ電話でのアポイント
来店されたお客さまへの資産運用提案。
11:30 昼食
12:30 訪問活動
アポイントをとったお客さまを訪問。
資産運用ニーズを確認し、商品提案。
15:30 帰店
提案書などの書類作成。
明日の訪問活動の準備。
17:05 業務終了
仕事後は子供が待つ自宅へ。
  • 萩原 健吾
  • 柴田 裕美
  • 池田 由美子
  • 鈴木 久史
  • 成宮 礼乃
  • 神谷 健司
  • 山本 隆之
  • 上野 陽祐

挑戦する行員