自己研鑽を重ねた先に、
本当の手応えが
待っている

柴田 裕美

Yumi Shibata

法人営業

中部カンパニー
経営情報学部卒 / 2009年 入行

挑戦する行員

「お客さまのために何ができるか」を
常に追求

「お客さまの経営課題をともに解決する」これが私たち法人営業担当の仕事です。事業拡大、設備導入、商品開発など、お客さまが抱える課題は多岐にわたります。経営者と直接対話する中で知った、事業にかける想いに触れ、その想いをかたちにするため、必要資金の提供や経営改善支援のアドバイス、事業パートナーを紹介するビジネスマッチングなど、課題解決に向けたソリューションを提供しています。
仕事の上で一番大切にしていることは「お客さまのために何ができるか」を常に考えること。そのために心がけていることが二つあります。一つは、自己研鑽です。知識も経験もまだまだ足りない私が、各事業のプロである経営者と対等に話し合い、信頼を勝ち得るためには自己研鑽が欠かせません。日頃から経済情勢や業界動向、新たな金融サービスに対してアンテナを高めるとともに、中小企業診断士の資格取得にも励んでいます。学生時代と異なり、銀行員としての勉強は、自分の成長だけでなくお客さまの役に立つことが多く、大変やりがいがあります。
二つ目は、チームワークです。お客さまのあらゆるニーズに応える上で、自分の知識やスキルだけでは対応できないことも多くあります。そのような時は、上司や同僚、本部の法人ソリューション部門やグループ会社と連携して解決を図ります。静岡銀行がひとつのチームとして機能し、高度なソリューションによって、お客さまが期待する以上のサービスを提供できた時が、私自身のこの上ない喜びです。
そして現在私は、カンパニーのMC(マネジメントコンサルタント)担当としてカンパニーという営業店をサポートする立場から、経営コンサルティングや事業継承、補助金取得に向けた申請支援などを行なっています。多様化するお客さまのニーズにお応えするため、お取引先に対してより幅広くかつ専門的な金融支援を行い、お客さまの経営課題の解決や事業展開の推進に向けた取り組みをサポートしています。

悔しい思いを乗り越えて得られた喜び、そして成長

初めて法人営業担当として、ある企業を担当した時のこと。永年、静岡銀行と取引のあるそのお客さまは、入行2年目の女性である私が担当となることに不安を感じ、訪問してもなかなか担当として認めていただけませんでした。それでも諦めずに訪問を繰り返した結果、お客さまの潜在的な経営課題が後継者問題であることを知りましたが、当時の私にはそれらを解決する専門的な知識がありませんでした。そこで私は、当行の人材育成制度を活用した自己啓発に取り組みました。静岡銀行には法人・個人等の分野毎、新入行員から管理職層に至る階層毎に年間200を超える講習会があります。何とかしてお客さまを振り向かせたいと思っていた私は、法人営業に関する講習を受講する一方で、ファイナンシャルプランナー1級の資格を取得しました。それらで得た知識を発揮し、専門スタッフの協力を得ながら、解決策を模索しました。そして最終的に事業継承支援、自社株対策といったソリューションの提案につなげることができました。そのとき、お客さまからかけられた感謝の言葉は、今でも忘れられない財産です。以来、私はそのお客さまにとってかけがえのないパートナーになれたと実感しています。
金融機関が熾烈な競争を展開する時代においても、お客さまからベストパートナーとして選ばれる静岡銀行。そこで働くことに誇りを持ち、法人・個人を問わずプロフェッショナルな銀行員を目指し、成長していきたいと思います。

ONEDAY SCHEDULE

8:45 ミーティング
営業担当者によるミーティング。
互いに情報を交換し、訪問活動の事前準備を行う。
9:00 取引先訪問
融資や各種制度などのご提案のほか、
業務動向をヒアリング。
12:00 昼食
14:00 取引先訪問
経営者のニーズを伺いながら当行サービス、
支援体制を説明する。
16:00 帰店
1日の営業日誌を記録し訪問活動を上司に報告、
明日の訪問に備え、お取引先への提案書を準備。
17:05 業務終了
  • 萩原 健吾
  • 柴田 裕美
  • 池田 由美子
  • 鈴木 久史
  • 成宮 礼乃
  • 神谷 健司
  • 山本 隆之
  • 上野 陽祐

挑戦する行員